長松の十三仏塚

十三仏塚  十三仏塚

長松地区の「おはじょう」という小さな山の山すそに、十三仏塚と呼ばれる13基の塚がある。中央の一番大きな塚は、高さ2m、直径7mほどで、左右に6個づつの小塚がある。

塚の近くには「おはじょう屋敷」という地名もあり、昔その屋敷に住んだものが築造した供養塚と推測される。

 

造立の時期は、南北朝時代から室町時代初期と見られる。

十三人の武将や非業の死をとげた者を葬ったとする説もあるが、宗教的には十三仏信仰とつながるとする説もある。

巴御前が木曾義仲の冥福を祈って造立したという伝説もあるが、立証すべき根拠はない。

 

おはじょう休憩所  十三仏塚

 

 

アクセスマップ

Fullscreen-Logo
長松の十三仏塚

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

十三仏塚: 37.263811, 139.002966